コミックス
そして長い夜が明けたなら 下
【発売日】2024年07月01日
【定価】902円(本体820円+税)

そして長い夜が明けたなら 下

著者:といけ
クローゼットゲイ・リーマンが幸せをつかむまでの物語
根津が退職してから初めて会う日、西片は緊張しながらも、会えて嬉しいという気持ちが湧き上がるのを感じていた。
次に会う約束もして順風満帆と思えたが…

セクシャリティ、カミングアウト、立ち上げたばかりの会社、チームリーダーとしての役割――。
西片と根津の前に、いろいろな問題や悩みが降りかかるが
それぞれ悩むなかで、相手の気持ちを考えることの大事さに気づいていく。

「ふたりでする楽しいこと全部しよう」
一緒にいることを選んだ根津と西片は約束をかわして…――。

同い年の後輩と先輩から始まったふたりの物語が遂に完結!
感涙必至のリーマンズラブ!


【収録内容】
「そして長い夜が明けたなら」8話後編~14話
描きおろし

※本電子書籍は2021年に発行された同人誌「塵舞う街のふたりの1~6」、2024年発行された同人誌「塵舞う街のふたりの7~14」と同内容です。
【発売日】2024年07月01日
【定価】902円(本体820円+税)
公式Twitterアカウントページへ 公式LINEアカウントページへ 公式Facebookアカウントページへ
icon_fanletter 感想を送る

そして長い夜が明けたならシリーズ

著作関連作品