コミックス
そして長い夜が明けたなら 上
【発売日】2024年07月01日
【定価】924円(本体840円+税)

そして長い夜が明けたなら 上

著者:といけ
クローゼットゲイのリーマンが幸せをつかむまでの物語
東京で働く西片は、同い年の後輩・根津から転職すると聞かされ、思いのほかショックを受けてしまう。
はじめは少し苦手に思っていたけれど、優秀な根津と一緒に仕事をしたり、仕事終わりの飲みを楽しいと思っていたからだ。
すると突然、根津にキスをされ「自分もゲイだ」と告白される。
流されるように始まった関係、でも一緒にいると満たされる何かがある。
穏やかなこの関係が続けばいいと思う西片だったが――。

そんな時、西片は元カレと再会し、彼との辛かった別れを思い出す。
過去にとらわれた西片は、根津との関係をぎくしゃくさせてしまい、そしてそのまま根津の退職を迎えてしまう。
このままにしたくない西片は勇気を振り絞りメールを送るが――…。

【収録内容】
「そして長い夜が明けたなら」…1話~8話前編
描きおろし

※本電子書籍は2021年に発行された同人誌「塵舞う街のふたりの1~6」、2024年発行された同人誌「塵舞う街のふたりの7~14」と同内容です。
【発売日】2024年07月01日
【定価】924円(本体840円+税)
公式Twitterアカウントページへ 公式LINEアカウントページへ 公式Facebookアカウントページへ
icon_fanletter 感想を送る

そして長い夜が明けたならシリーズ

著作関連作品